FC2ブログ

村上春樹さんが☆コロナ禍の新入生に語る「物語の力」とは…📙📚📘

こんにちは🌞📙📚📘
9日午前8時頃またもや、富山市内の海岸に大量の魚が打ち上げられた。約300メートルにわたって約2000匹ものカマスが打ち上げられ、地元の人も驚いている。富山県の水産研究所によりますと、カマスから病気は検出されず、水質にも異常ありませんとし、原因は分からないとしています。

早稲田大学文学部・文化構想学部の入学式で、早稲田大学を卒業した、作家の村上春樹(72)さんが登壇しました。そして祝辞を述べた…☆☆☆

《小説というのは直接的には、社会の役には立ちません。でも小説という働きを抜きにしては…、社会は健やかに前に進んでいけないんです。》

「中々世の中は落ち着きませんけど、今年はみんなでここに集まって、新しい門出を祝えるというのは、素晴らしい事だと思います。」

「僕らの意識というのは、心という池から汲み上げられたバケツ一杯の水みたいなものに過ぎないんです。残りの領域は手付かずで未知の領域として残されています。『物語』は僕らの意識がうまく読み取れない『心の領域』に光を当ててくれます。」

「小説というのは直接的には、社会の役に立ちません。即効薬やワクチンの様にはなれません。でも小説という働きを抜きにしては、社会は健やかに前に進んでいけないんです。」

「というのは、社会にも『心』というものがあるからです。意識では、論理だけではすくいきれないもの、そういうものをしっかり、ゆっくりすくい取っていくのが、小説の文学の役目です。」

「心と意識の間にある隙間を埋めていくのが小説です。小説家という職業は、人の手から手へとまるで、松明のように受け継がれてきました。皆さんの中にその松明を受け継いでくれる人がいたら、それを温かく大事にサポートしてくれる人がいたら、僕としてはとても嬉しいです。」と祝辞を贈られた…📕📚📘

村上春樹さんの言葉は、心の無意識の部分に、自分が目を向けられるような気持になる言葉でしたね…🍀📚🍀

0-村上春樹1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR