FC2ブログ

「鉛筆」の存在を知る✏たかが鉛筆されど鉛筆だった✎✍✐

こんにちは🌞✎✍✐
改めて鉛筆の凄さを知りました…✎✍✐

一本の鉛筆を最後まで使い切るとして線を引いた場合、どれくらい書けると思いますか…❓ 何と50㌔…‼
サインペンは700㍍、ボールペンは1.5㌔だそうです。鉛筆は桁違いの長さです。

小川洋子さんの近著『そこに工場がある限り』(集英社)で知りました…✎✍✐ 

鉛筆工場の方の素敵な言葉も紹介されていました。「減った分だけ、何かを生み出しているんですよ。子供たちが勉強をして、夢をかなえてゆく。それを担っているのですから、鉛筆は素晴らしいなと思います。」

鉛筆が我が身を削り、黒い線となった分だけ、新しい未来が創られる。

小欄も記者が鉛筆で原稿用紙に書き、編集責任者が鉛筆などで直しを入れ小欄は、誕生する。

そう思うと、鉛筆への見方が一変しますよね。たかが鉛筆されど鉛筆様です…✎✍✐

ところでこの鉛筆誰が作ったものなのか、ご存知でしょうか❓ 実は、ナポレオンがフランス人のニコラス・コンテさんとドイツ人のカスパー・ファーバーさんに作らせたものです…✎✍✐

「才能ある人物は、生きる時代を照らすべく、炎(ほむら)を上げる宿命を負った流星なのだ」とは、鉛筆を作ったナポレオンの名言です。流星のごとく完全燃焼し、時代を照らした英雄は5月、没後200年を迎える…✎✍✐

今日のTomy先生の一言🌟
他人の行動が許せないときって、自分の中に大きなストレスが、あるときなのよね。だって機嫌のいいときって、多少のことぐらい許せちゃうでしょ。だから相手に目を向けるより、自分のご機嫌をとったほうがいいのよ…😊

そんなこと多々あります。職場で、家庭で、友人関係で色々ありますからね😐自分のご機嫌をとるようにしましょうね…😊🙇😄

0-ナポレオン1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR