fc2ブログ

横浜中華街「聘珍樓」破産が象徴する飲食店の苦難“コロナ禍で飲食業めぐる経営環境はどうだったか”…☆☆☆

こんにちは🌞☆☆☆
新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着き、コロナ前に社会が戻ろうとするなか、コロナ禍における経済活動のさまざまな制約が爪痕を残してる。とくに旅行業や飲食店へのダメージはやはり大きい…!

そんな中で象徴的なニュースが飛び込んできた。130年余りの歴史を持つ、横浜中華街のシンボル的存在、中華料理店「聘珍樓横浜本店」等を経営していた、株式会社聘珍樓が破産手続きを開始する事になった。負債の総額は3億500万円ほどだという…!

飲食店の現状を示す、ある種の象徴に感じた人は多いのでは、ないだろうか…☆😐☆

飲食店の低利益、コロナ禍における落ち込み、融資の期限、そして完全な復活に向けての足踏み状態…‼

コロナ禍が明けるのか! 本格的なウィズ・コロナ時代を迎える今、コロナ禍の遺産と私たちは、対峙しつつある・・・☆😐☆

0-聘珍樓b1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR