FC2ブログ

映画 新聞記者 鑑賞してきました🎥🎬☆

映画、新聞記者を観てきました…💡
感想を記したいと思います
長文になりますが、是非読んで
欲しいです・・・

日本の政治、過去を見てもこれ程
特にこのところ政治家や官僚絡みの
おかしな話が山ほどあって疑問を
抱いていたところ、藤井道人監督
(ディアンドナイト)が映画に
してくれました・・・💡

それも現在進行形の政治事件に
正面からぶつける様な形で…

俳優陣は松坂桃李、韓国の演技派女優
シム・ウンギョンのW 主演作です

エグゼクティブプロデューサーの
河村光庸氏が「政治の季節を
意識しました」と語り
参院選少し前の公開は確たる意志が
あっての事です…と

新設大学認可に絡む政治スキャンダル
を追う東都新聞記者の吉岡エリカ(シム
ウンギョン)と外務省から内閣情報
調査室(内調)に出向中の官僚
杉原拓海(松坂桃李)この二人の対峙

そして上からの圧力に翻弄されながら
自分の保身と矜持にさいなまれていく
杉原なのだが・・・

物語の始まりは東都新聞社会部に
「医療系大学新設」に関する
極秘文書がファクスで送られて来た
事から始まる・・・

認可先は何故か文科省ではなく
内閣府だった…
内部リークか情報を誘う罠か・・・?

これを吉岡エリカが真相を
突き止めるべく取材を始める

映画の中で原案者の望月、元文科省
事務次官、前川喜平らが討論番組に
出演している形で登場している
みものだ・・・💡

公文書改ざん、関与した官僚の自殺
首相に近いジャーナリストのレイプ
もみ消し疑惑、首相の「お友達案件」
共謀罪
などが散りばめられている・・・

私の心に残った台詞を紹介しておこう

杉原が上にはなった言葉から…
ある写真に赤丸をつけ杉原に公安に
送れと言われた時、杉原が「一般市民
ですよね」「民主主義はどう
なんですか」の問いに上からの一言

“この国の民主主義は形だけでいい”

やっぱり社会主義なのではないかと
思わせる台詞だ

それから
情報操作、誤報を流せと上から
言われた杉原
「それってウソですよね」…すると

“嘘か本当か決めるのは
お前じゃない国民だ・・・”
凄い台詞だ・・・💡
目線の位置はどこなんだ
実に面白い・・・

杉原の葛藤に私は心動かされました
こういう映画が今の日本には
必要だと思う

皆さんも日本国民の血税を私物化
している今の政権をどう思うか
考えてみて下さい

良かったら是非新聞記者を観て
下さい、言いたい事山ほど
あるのですが内容をバラス事に
なるので…エッと思わせる恐い事など
考えさせられることが随所に…

選挙の大切さを知りました…💡

新聞記者3
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR