FC2ブログ

相良倫子さん「平和の詩」の衝撃🌟🌟🌟

天皇陛下「即位礼正殿の儀」の
参列者として、昨年の沖縄全戦没者
追悼式で自作の「平和の詩」を朗読
した現在高校生の、相良倫子さんが
皇室から唯一の高校生で招かれている
事の意味に思いを巡らせる・・・

2018年6月23日、沖縄慰霊の日に
浦添市立港川中学3年相良倫子さん
(14歳)が生きるを伝えた…

生まれ育った島の美しさ、忘れる事の
ない戦禍の悲しみ、平和への誓い
真剣な眼差しで会場を見渡し、力強い
口調でこう訴えた・・・

「あなたも感じるだろう。この島の
美しさを。あなたも知っているだろう
この島の悲しみを」「私は手を強く
握り誓う。奪われた命に思いを馳せて
心から誓う。私が生きている限り、
こんなにも沢山の命を犠牲にした
戦争を、絶対に許さないことを」

「もう二度と過去を、未来にしない
ことを」

相良さんは、激しい地上戦を
生き抜いた曽祖母の体験から
「平和とは当たり前に生き、命を
精一杯輝かせて生きる事」と考え
紡いだという詩には「生きる」と
名付けた…🌟

私は、その場の空気を支配する堂々と
した彼女の、たたずまいに、くぎ付け
になった…💡

彼女は、まさに平和の尊さと、戦争の
残酷さを「語る」のではなく、我々に
「見せていた」、この少女の口から
繰り出されたのは、まさに「生きた
言葉」の数々だった・・・。

デイゴの赤い花ひとつ、拈華微笑
心から心へ。伝わる人には伝わる

政府ではなく、皇室が何故・・・
相良倫子さんを、天皇即位の礼に
招待したのか・・・❓

YouTubeにて、(相良倫子 詩) 
で、検索して、是非視聴して
みて下さい。心にささります…🙇

生きる1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR