FC2ブログ

ドキュメンタリー映画「主戦場」中止の背景🎥🎬🌟

日本の表現の自由は、怖い現状…!

従軍慰安婦問題をテーマにした映画
「主戦場」のシンポジウム「表現を
めぐって…芸術と社会」について議論
がなされた。

「主戦場」は「KAWASAKI
しんゆり映画祭」で上映が決まって
いたが、市から主催のNPO法人
KAWASAKIアーツに対し上映差
し止めを求められた・・・❓

その映画祭の判断に議論が起こり
シンポジウムは、映画祭の開催地
近くで上映の機会を回復すべく、日本
映画大の安岡卓治教授の協力を得て
開催にこぎ着けた。

ミキ・デザキ監督は、慰安婦問題に
ついて、日韓両国や米国から30人の
有識者、論客、関係者30人に取材した
27人のインタビュー、過去のニュース
映像、国会での安倍晋三首相の答弁
元慰安婦の証言など多数の映像を交え
この問題における論争を浮き彫りに
した・・・💡

その製作意図について、多くの一般の
日本人が慰安婦の証言に対し、疑問を
持って信じていないからと、語った。

この映画に対して、色々な攻撃が来る
だろうと恐怖感を抱いていましたとも

配給会社が手を上げない中「東風の
皆さんが重いリスクを背負い、配給を
してくれた」5人くらいの社員しか
いない東風の様な小さい会社が(日本
の)表現の自由を守ってくれていると
東風に対して言い切れないくらい感謝
していますとコメントした・・・💡

シンポジウムには、デザキ監督と安岡
教授の他、ジャーナリストで映画監督
の綿井健陽氏、映画ジャーナリストの
中山治美氏が出席、日本で表現の自由
が制約されている実情に関しての現状
が報告された・・・💡

公権力社会、マスメディア、怖い現状と
日本における表現の自由の現状に
警鐘を鳴らす・・・🎥🎬🌟

映画「主戦場」2019年公開
ドキュメンタリー映画 122分
監督 ミキ・デザキ

主戦場1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR