FC2ブログ

前澤友作氏の想いとは…💛🍀💛

こんにちは🌞💛🍀💛
今日、5月14日は、種痘記念日です。今現在、新型コロナウイルスの感染拡大で、亡くなられた方、PCR検査が進まない、不要不急自粛を強いられてる方、世の中大変疲弊困窮しています…‼ このウイルスというものに、立ち向かったイギリスの外科医「ジェンナー」氏の日と言っても、よいかも知れません。

1796年5月14日、イギリスの外科医「ジェンナー」氏が、世界で初めて種痘の接種に、成功したことを受けて制定された記念日です。

種痘とは、天然痘の予防接種の事です。天然痘は以前、高熱に加えて、全身に水膨れの様な膿疱を生じさせ、致死率が約20%∼50%と非常に高いのに加えて、感染力も非常に強いウイルスとして、世界中で“不治の病”“悪魔の病気”と、恐れられてきた代表的な感染症の一つでした。

種痘の登場によって、天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979年10月末には、WHOによって、天然痘の根絶が確認されるなどして、世界で初めて撲滅に成功した感染症となりました。

人類は、感染症との闘いを繰り返すんですね…。今コロナで苦しんでる人達へ、前澤さんがひとり親に対して、前澤基金を創設され、1万人の「シングルマザー&ファザー」の困窮されてる方たちへ、一人10万円を配布する。この前澤さんの取り組みに対して、一部から「売名行為」「ひとり親になったのは、自業自得」「助ける必要はない」などと、意見が寄せられているそうです。

そうした、ひとり親世帯への心ない言葉に対し、前澤さんは、「ひとり親になるまでに、当人たちしか知らない様々な、悩みや葛藤があったはずです。その事情をよく知ろうともせず、ひとり親というだけで『自業自得』の、一言で片付けてしまうのは、余りにも配慮と思慮に欠けた、物言いです。」 「言葉には、思いやりが大切です。気を付けましょう。」 「ひとり親世帯へ、この偏見や差別的な眼差しが、変わることを願います。」と、コメントされていました。

私は思う…。
どうあれこうあれ、今回の前澤さんの支援によって、多くのひとり親世帯が救われることは、励みにつながり、やる気にさせてくれます。
しかし気になる事は、前澤さんの元に寄せられている批判の一部は、ひとり親というだけで、冷たい目を向けられる…、そんな現代社会に根付く差別が透けて見える様で、残念です。諸外国のお金持ちの方々は、社会貢献が当たり前として、福祉にボランティア活動に賛同しています。私は、これを道徳だと思っております…。

コロナ終息を願って…💛🍀💛
今日も、「エッセンシャルワーカー」さん達へ💛🍀💛「クラップ・フォー・ケアラーズ」を、送りたいと思います。

パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏

0前澤友作1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR