FC2ブログ

SNSと言うメディアの📶📳📱📲“対称性と非対称性”…🌟⚡⚡

こんにちは🌞📶📱📳📲
今日26日の天気予報でございます。南から暖かく湿った空気が入る影響で、西日本から東日本は、所々で雨が降ります。山沿いを中心に落雷や突風にも要注意。スッキリしない天気で、一時的に雨の降る所があります。外出の際には、折りたたみ傘をお持ち下さい。気温は、昨日よりやや低く25度前後位です。湿度が高くムシムシと感じそうです。

緊急事態宣言の解除が出されました。休業要請は、ステップ、段階的に解除する方針です。飲食店は、午後10時までだそうです。それがクリア出来ると、午前12時までの営業が可能となるそうです。ホット一安心です。当店も4月13日から休業していましたので、金銭的に大変なものがあります。明日から、お客様は来店されるのか、気がかりではあります…😂

昨日も、心の結びつきが大切と言う記事を書いたのですが、今、NETで誹謗中傷の記事が取り沙汰されています。先日、木村花さんを追い詰めた誹謗中傷のSNSが、国会与野党の中でも問題視されて、罰則強化に向けて法案成立の審議がなされ始めた。

事件は、編集で作り上げた物の負の影響を、全て出演者に押し付けるテレビ的な構造から来ている事も、確かだと思う。誹謗中傷する人は、そもそもどんな文脈においても、正しさを持ち合わせていない。

リアリティ番組は、誤解を生みやすい。世に出ている人がどれだけの、憎悪を浴びて日々生きているか、考えて欲しい。そうでないと、異様なメンタルになっていきます。

このジャンルが大きく発展し世界中で、様々なヒット番組が生まれた事は、事実だが、リアリティ番組の制作側による出演者保護のケアが問われる。出演者達の物理的、精神的、両面のケアを行う必要性は、何年もの制作経験の中から、十分認識できていたはずだ。

コロナ禍にあっては、そうしたケアを施し難かった事情は、あったのかも知れない。しかし、長年の制作経験を経て、人生経験が少ない出演者の心のケアが、行き届いてなかったり、あるいは、SNSを通じての苛烈な攻撃を認識していなかったのだとしたら、リアリティ番組を業務として制作している側は、“杜撰”との、そしりを免れる事は出来ないのではないだろうか…。

ネットを通じコミュニケーションの力(プラスもあれば、マイナスもある)、SNSというメディアの対称性と非対称性について、改めて考えねばならない。インターネットは、人のコミュニケーション能力を増幅し、新しいサービスを次々に生み出した。SNSもその1つだ。元々インターネットは、情報を受け取る際にも、発信する際にも、有益な優れた双方向メディアだが、全ての人にとって、“対称性”のメディアではない。

しかし一方で、アンチファンが増加する様な、言動、態度を取った被害者にも非がある。批判に耐えられないのであれば、リアリティ番組に出るべきではない。今この時代、メディアに出るからには、「強い意志、行動、決断」をもって、自業自得にならない様に、強い心を持たなければならない。そんな時代となっているのです。

『有名税という言葉では、すまされない』…。現代はこんな世の中になってしまったのでしょうか…‼

「エッセンシャルワーカー」さん達へ💛🍀💛非常事態宣言が解除されました。「お疲れ様を送りたいと思います」💛🍀💛

パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏パチパチ👏

02020‐5‐3山下公園b1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR