FC2ブログ

「やる気をなくしてしまう言葉」☆「勇気をくじく言葉」を使わない…🌟🌟🌟

こんにちは🌞🌟🌟🌟
人に伝える言葉として、やる気を出してほしい、勇気を出してほしい、という時あなただったら、どんな言葉を掛けてあげますでしょうか…❓

言葉の使い方ひとつで、やる気を出す、出せない事ってありますよね。そんな時どう言葉を掛けてあげられるか、考えてみたいと思います。言葉掛けが、逆にやる気をなくしてしまう場合があります。「勇気をくじく」言葉を、使わないことが大切だと思います。

アドラー心理学では、人が能力を発揮できないときは、その人に能力がないわけでも、出来ないわけでもなく、ただ、「勇気がくじかれてる状態」であると捉えています。

勇気をくじく言葉とは、例えば「勉強やったの?」「早く!」「ちゃんとしなさい!」「いつまでたってもできないね」「何回言ったら分かるの?」といった言葉など。こうした言葉を投げ掛けられると「私はできない。大丈夫じゃない。能力がない」と感じ、自信もやる気も失くなってしまうのです。

勇気をくじくのではなく、「勇気づけの言葉」を使えたらいいですよね。良い変化が生まれ、やる気につながりやすくなります。

勇気づけの言葉とは、「私はできる。大丈夫だ。能力がある」との実感につながるもの。例えば、「やる時はやるね」「能力があるよね」「頑張っているよね」「本番に強いもんね」「出来るって知っているよ」と言った言葉などを、使ってあげるとよいかもです。

もちろん、人の性格や状況によって、響く言葉は違うので、具体的な表現は、各家庭で、各職場での工夫が必要。その上で、勇気づけの言葉掛けが上手にできるテクニックはあります。それは、あなた自身が、「私は、あなたの味方ですよ」と、味方になる事を強く意識する事が、大切かと思います。

味方になる言葉を紡ぎ出す事は、自分自身の為にもなりますからね。あなたの言葉で、みんなを元気にしてあげて下さい…🍀💗🍀

0-20-9-11山下公園1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR