FC2ブログ

「寝たっきり老人が極端に少ない謎の島」で必ず食卓に並ぶ健康寿命を延ばす野菜🍠🍠🍠

こんにちは🌞🍠🍠🍠
2月21日は、「漱石の日」です。
1911(明治44)年のこの日、文部省が作家、夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石が博士号を辞退する旨を書いた手紙を送ったことに由来しています。

漱石は、「博士問題の成行」という文章において、「博士でなければ学者でないように、世間を思わせるほど博士に価値を賦与したならば、学問は少数の博士の専有物となってしまう」と語っている。

健康寿命が飛びぬけて長い島があるという。大分県にあるサツマイモ食文化の姫島です…🍠🍠🍠

後期高齢者になっても元気でバリバリと活動し、長患いすることなく、天寿を全うしている大分県の姫島に住む人たち。当時の姫島の寝たっきり期間は平均で1.42年です。これがいかに短いかといえば、全国平均では男性9.22年、女性12.77年の時代です。1.42年の姫島は、飛びぬけて健康寿命が長い島だったのです。

姫島の人々の日常食は、畑仕事にいそしんで自作する野菜と海岸で獲る海藻(特にひじき)、そしてサツマイモが中心でした。要するに食物繊維がたっぷりの日常食です。

これは腸内環境を良くする食習慣の典型です。ただし忘れてならないのは、畑仕事と海藻獲りによる豊富な運動量です。良い食習慣と豊富な運動量がセットになって、初めて健康長寿が実現できるんですね…!

姫島では、サツマイモを主食といっていいほどたくさん食べます。郷土料理である「いもきり」は、サツマイモの粉を練ってうどん状にして、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、長ネギといったてんこ盛りの野菜や豆腐と一緒に煮込んだ日常食です。

定番のおやつには、干した薄切りのサツマイモともち米を練り合わせた「かんころ餅」があります。姫島の人々の寝たっきり期間が短い、すなわち健康寿命が長い理由を、食習慣から見ると、やはりサツマイモをたくさん食べるところに、あるのだろうなと思います。サツマイモは善い健康食なんですね🍠🍠🍠

たまたま昨日ドンキーさんで、紅はるかの焼き芋を買って食したところでした。紅はるかの焼き芋…🍠まあぁ~美味しすぎます😂1本150円です。この値段だったら己の財布と相談しなくても買えますので、チョクチョク食しようと思います☹ サツマイモは善いぞーーー🍠🍠🍠

0-姫島1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR