FC2ブログ

どのような言葉にふれるか🍀「独話」「会話」「対話」…🍀💛🍀

こんにちは🌞🍀💛🍀
新型コロナウイルスの感染者は19日、国内で1464人が確認された。これまでの国内の感染者は45万5071人、死者は33人増えて8811人。19日午前0時時点の重症者数は、前日比5人増の330人となった。東京都では303人の感染が確認された。1日当たりの感染者が300人以上となるのは、4日連続だ…!

「どのような言葉に触れるかは、私達の人生と人格に大きな影響を与える」と言うのは、批評家・随筆家の若松英輔氏の言葉だ。若松氏は、話す行為について次の三つを挙げる。

一人で行う「独話」。誰かと言葉を交わす「会話」。そして、深いところでつながりながら、言葉や経験の深みを探る「対話」である。多くの言葉を交わしても、互いの呼吸が合わなければ「会話」にとどまる。

一方、「対話」は、自分の言いたいことを話すのではなく、「相手の『おもい』を受け止めたところに始まる」と若松氏は言う。さらに対話で人が伝えたい「おもい」とは、言葉にできる「思い」や「想い」だけでなく、「言葉にならない『念い』なのではあるまいか」とも語る。

対話の中で、相手が話してくれる「心情」が、常に偽りなき「真情」とは限らない。遠慮したり、相手に合わせたりして話しているかもしれない。

心を開いてもらうには、まず自分がありのままを心掛け、繕わない事。言葉の巧拙よりも、相手の幸福と成長を「念う」ことだろう。

人を『念う」気持ちは、声となって必ず相手に通じるものです。人生を豊かに彩る語らいを、今日も朗らかにやって生きましょう…! あるがままに生きる…! ですよねぇ🍀💛🍀

0-若松英輔1
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

C.B.KingYOKOHAMA

Author:C.B.KingYOKOHAMA
店の営業時間外や
お客さんとの交流を
つらつらと・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR